気になる

愛知県高浜市の保育園で細菌性赤痢!場所はどこ?感染ルートや致死率は?

今回、新型コロナウイルスが収まっていない中、

新たに細菌性赤痢の感染が発覚しました。

今回は、保育園はどこか?や、細菌性赤痢の致死率などを調べてみました!

 

愛知県高浜市の保育園で細菌性赤痢の感染が発覚

愛知県高浜市の園児10人と職員1人の計11人が細菌性疫痢に感染していたようです。

このうち園児2人が発熱や腹痛の症状で入院しているとのこと。

3月11日、安城市内の医療機関から保健所へ届け出があったようです。

 

愛知県高浜市の保育園の名前や場所はどこ?

愛知県高浜市の保育園はどこなのでしょうか?

具体的な保育園名は公表されていません

【高浜市の保育園】

高浜市立吉浜北部保育園
高浜市社福協 中央保育園
認定こども園 たかとりこども園
高浜南部保育園
昇龍学園 ひかりこども園
高浜あおぞら保育園
吉浜保育園
よしいけ保育園
ひかりこども園子育て支援センター

この中のどれかなのではないでしょうか?

愛知県高浜市の保育園の園児への感染ルートは何?

基本、感染源はヒトであり、汚染された手指などから

直接や間接的に感染するようです。

細菌性赤痢の主な感染源はヒトであり、患者や保菌者の糞便、それらに汚染された手指、食品、水、ハエ、器物を介して直接、あるいは間接的に感染する。水 系感染は大規模な集団発生を起こす。感染源がヒトであるので、衛生水準の向上と共にその発生は減少する。サルも細菌性赤痢に罹患し、輸入ザルが感染源に なった事例もある。

<引用:国立感染研究所より>

 

今回の感染源ですが、愛知県の発表では「感染ルート不明」とされています。

上記の内容を考えると、どこかで赤痢に罹患した関係者や園児が保育園に来て、

手に菌が付着したまま接触した、食事をともにした、などが考えられそうです。

 

こちらは、調べても見つけることができませんでした

細菌性赤痢の致死率はどのくらい?

細菌性赤痢は、過去には多くの人が死亡した感染症です。

戦後しばらくは10万人を超え、2万人近くもの死者をみたが、1965 年半ば頃から激減し、1974 年には2,000人を割り、以降1,000人前後で推移している。

しかし、医療の発展とともに、致死率は徐々に下がっているようです。

また、直近では0.65%ほどのようです

厚生労働省の施設等機関である国立感染症研究所によると、日本国内のアメーバ赤痢感染は、5年のあいだに、約57%も増加しています。 10万人に対して0.59人の割合で感染しているといいます。 そのなかで死亡例は、感染者の約0.65%であることが報告されています<引用:hospitaclip>

新型コロナウイルス致死率と比較するとどちらが高い?

新型コロナウイルスの致死率は2%といわれています
(80歳以上は21.9%のようです)

だとすると、細菌性赤痢が0.65%なので、それよりは低いようです

ネットの反応

また愛知?コロナよりやばいのでは?

など、コロナウイルスの驚異が収まらぬまま起きた今回の件で、

戦々恐々としたコメントが多く見受けられました

 

https://twitter.com/aoi65858549/status/1239034362852593664?s=20

 

 

 

 

まとめ

今回は細菌性赤痢の感染についてまとめました。

致死率は新型コロナウイルスに比べると少ないようなので、

必要以上に恐れることはなさそうですが、手洗い、うがい、飲食物の共有を避けるなど、

最低限の予防は引き続き行っていったほうが良さそうです。

 

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク