事件

【顔画像】門真市・35歳中学校講師の名前は吉井賢志と特定?現場の場所はどこ?【大阪府女児強制わいせつ事件】

大阪府門真市で、なんと9歳というまだ小学生の女児に強制わいせつをするという事件が発生。

しかも、驚くべきことにその犯人は中学校教師だったのです。

今回は、

  • 事件が起きた現場の場所
  • 強制わいせつをした男性の名前
  • 強制わいせつをした男性の顔画像

について調べます。

下に続きます↓

スポンサードリンク

事件概要:門真市・強制わいせつをした現場はどこ?【大阪府女児強制わいせつ事件】

驚きの事件です。

中学校講師の男が、9歳の女の子の体を触るわいせつな行為をした疑いで逮捕されました。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、大阪府門真市立中学校の講師の男(35)です。

<カンテレより>

子供を持つ親はゾッとするニュースですね。

しかも普段は中学生とともに過ごす時間が多い中学校の講師ということです。

警察によると、男は去年11月、門真市内の路上で、1人で歩いていた9歳の女の子に道を尋ねた際に、上半身や下半身を複数回触るわいせつな行為をした疑いがもたれています。

<カンテレより>

この場所はどこだったのでしょうか?

調べたところ、事件現場については報じられていないようでした。

中学校の講師だったことから、現場は中学校の付近だったのではないか?なども考えられそうです。

それにしても恐ろしい事件ですよね‥

犯人の男はどんな男だったのでしょうか?

下に続きます↓

スポンサードリンク

【顔画像】門真市・吉井賢志(35歳中学校講師)は誰?【大阪府女児強制わいせつ事件】

教職に付きながら、9歳の女児に強制わいせつなど、

とても許せない行為。

一体どんな男だったのでしょうか?

【プロフィール】

  • 名前:吉井賢志
  • 年齢:35歳(2021年現在)
  • 職業:教師(大阪府門真市立中学校講師)
  • 居住エリア:大阪府門真市

調べたところ、顔画像はまだ報じられていないようでした。

こちらは報じられ次第追記したいと思います。

この吉井賢志という男について、門真市の教育長もコメント。

再犯が無いように務めるということですが、

本当にこのような事件事態起きてはならないこと。

再犯につながらないことを祈ります。

下に続きます↓

スポンサードリンク

ネットの声

うちでは娘にこの手のニュースを詳しく説明して積極的に見せるようにしています。道を尋ねてきた人が善人か悪人か判断のしようがないから、申し訳ないけど知らない人なら無視するようにと教えています。世知辛いことですが、娘の安全のためにはやむを得ないです。

man
man
うちでは娘にこの手のニュースを詳しく説明して積極的に見せるようにしています。道を尋ねてきた人が善人か悪人か判断のしようがないから、申し訳ないけど知らない人なら無視するようにと教えています。世知辛いことですが、娘の安全のためにはやむを得ないです。
woman
woman
また、学校関係者ですか?学校関係者のこのような事件が非常に多きような気がしますが、どうなんですかね?
で、「わいせつな行為はしていません。女の子の肩を叩いたと思います」と容疑を否認しているようですが、何故肩を叩く必要があったのだろう?
どちらせよ、余罪があればはっきりするな。
man
man
門真市の中学校で働いているんだから、道尋ねなくてもわかるだろ。
計画的反抗でしょうね。

教師のこの手の犯罪多すぎませんか?
教師て、こういう事件があってもまた教師として働けるのですよね。
議員が叩かれいますが、議員ならお酒のんだだけで、すぐ実名報道。
議員辞職になる事もありますよね。
教師の方がたちが悪いと思います。
実名報道と二度と教職につけないようにお願いします。

woman
woman
教師のこの手の犯罪多すぎませんか?
教師て、こういう事件があってもまた教師として働けるのですよね。
議員が叩かれいますが、議員ならお酒のんだだけで、すぐ実名報道。
議員辞職になる事もありますよね。
教師の方がたちが悪いと思います。
実名報道と二度と教職につけないようにお願いします。

ネットの声をまとめると‥

  • 最近、教師による犯罪が多すぎる
  • 道を聞かれても、怖くて話しかけないように言って聞かせている
  • 学校に通わせるのが心配

などのコメントが目立ちました。

下に続きます↓

スポンサードリンク

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、大阪府門真市の35歳・中学校講師による事件についてまとめてみました。

9歳というまだ世の中のこともわかりきっていないような女児に対して強制わいせつ‥

本当に許せることではありません。

まずは、この被害をうけた女児のケア、そして再犯防止に努めてもらいたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました

スポンサードリンク
スポンサードリンク
テキストのコピーはできません。