注目

横浜市立市民病院で感染した研修医は誰でどこ住み?カラオケはどこ?【新型コロナウイルス】

横浜市立市民病院の研修医

感染指定病院で新型コロナウイルス感染が起きてしまいました。

なんとカラオケで5時間以上複数名で遊んでいたようです。

今回はその件について調べてみました!

スポンサードリンク

横浜市立市民病院の研修医が新型コロナウイルスに感染!会食やカラオケが原因?

横浜市立市民病院の研修医が新型コロナウイルスに感染しました

 

院内感染が広がらないか心配ですね・・。

そして、4月2日の発表では、

さらに同じく研修医から感染者が出てしまいました

新たに20代男性研修医の新型コロナウイルス感染が明らかになった。同病院関係者の感染は2人目。感染経路は3月下旬に同僚の研修医20人で開いた会食とみられ、その場には1人目の感染者の20代女性も含まれていた。

このご時世で大人数で会食…なんとも危機管理が心配なお話です。

そして、この病院は感染症指定医療機関でもあるのです!

院内には新型コロナウイルスのケアも行っていると思われる中でこの一件…

そんな危機管理の薄い研修医さん・・若さゆえのことなのでしょうか‥

一体誰なんでしょう?

横浜市立市民病院の新型コロナウイルスに感染した研修医は誰でどこ住み?顔がわかる写真も!

横浜市立市民病院の研修医

こちらは公式HPより引用した研修医のみなさんです。

楽しそうですね!

▼ネットではこの写真を見て、こんな意見もあがっていました。

 

確かに…。今回の一件も、緊張感のなさゆえの一件なのかもしれません。

また名前ですが、個人情報の観点から公表されていません。

しかし、公式HPの研修医日記で確認することができます

研修医日記

こちらがその研修医日記の画像です。(研修医日記より引用)

研修医日記

※注意:今回の一件に関わったかどうかは定かではありません

スポンサードリンク

横浜市立市民病院の新型コロナウイルスに感染した研修医の行動経路は?

現在発表されている限りでは、

3月27日に実施した会食が感染が広がる要因になってしまったようです

加えて、27日の前後で、研修医とともに看護師などと会食やカラオケに参加していた模様…。

市によると、20人の会食があったのは3月27日。前日の26日には、黒岩祐治知事が夜間を含む週末の外出を自粛するよう県民に緊急メッセージを発していた。

 男性研修医は27日の前後にも、同病院の医師や研修医、放射線技師、看護師と計4回にわたり会食やカラオケに参加。研修医5人でのカラオケは5~6時間に及んだという。病院は会食などへの参加について明確に禁じていなかった。<YAHOOより>

スポンサードリンク

 

かなりまずいなぁと思うのは、3月26日に知事が外出を自粛するよう緊急メッセージを発していたこと。

その中でのこの自体は、医療従事者として緊張感がなさすぎるかもしれませんね。

スポンサードリンク

横浜市立市民病院の新型コロナウイルスに感染した研修医が行ったカラオケの場所はどこ?

カラオケの場所ですが、場所は公表されていません。

おそらく、病院近くの場所で会食やカラオケに繰り出したと考えられないでしょうか?

横浜駅が近いので、駅前の繁華街などが考えられそうです。

 

住所:神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町1-2 

非常に心配な一件でしたが、

ネットではどんな反応だったのでしょうか?

スポンサードリンク

ネットの反応

今回の感染を受けネットでは様々な意見が飛び交っています。

やはり医療従事者としての責任を問う声や、

そもそも自粛を訴える声が合った中にも関わらずの一件で呆れる声など様々でした

 

スポンサードリンク

横浜市立市民病院で感染した研修医は誰でどこ住み?カラオケはどこ?についてのまとめ

今回は、横浜市立市民病院で起きてしまったコロナの感染についてかきました。

普段だったら20代前半で入社直後といえば、

同期と親睦を深めたい時期かもしれません

しかし、状況が状況なだけに、お互いが緊張感、危機感をもって行動をしてほしいですね。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク