アニメ

自己肯定感は作れる!非モテ男子がモテ女をGETするまでの姿に共感【BEASTARS】

自己肯定感は作れる!!非モテ男子がモテ女をGETするまでの姿に共感「BEASTARS」

【BEASTARS】感想をまとめると?

独特の世界観なのに非モテ心情描写に共感!
CGアニメだと感じさせない美麗なビジュアル
”しっぽ”にヤラれる!?
スポンサードリンク

【BEASTARS】評価

【BEASTARS】概要

◆放送時期:2019年10月クール
◆キャスト:小林親弘、千本木彩花、小野友樹
◆制作会社:オレンジ
◆公式サイト:https://bst-anime.com/
◆スタッフ:監督 松見真一、脚本:樋口七海

《引用元:「BEASTARS」公式サイト: https://dr-stone.jp/

【BEASTARS】あらすじ③点

  1. 舞台は、擬人化された動物たちしか存在しないファンタジー世界
  2. 全寮制の学園「チェリートン学園」へ通う動物たちの群像劇、主人公はそこに通うハイイロオオカミのオス、「レゴシ」※非モテ男子
  3. 異なる種族が共生する難しさを描いたドラマ

【BEASTARS】感想

冒頭でも書きましたが、とにかく独特の世界観で驚くと思います。
登場キャラクターに人間は一人も居らず、全て動物(二足歩行)
台詞の中にも、人を使う単語は匹、に言い換えられる徹底ぶりです。

そんな一切リアリティのないガチファンタジーの世界観にも関わらず、出てくるキャラクターは、親近感を感じる人物..ではなく、動物ばかり!
自己肯定感が低いハイイロオオカミの主人公、
主人公を心配する優しい幼なじみのゴールデンレトリバー、部活でうるさい意識高くハンサムな先輩の赤鹿.. 性交渉を通して自分の存在価値を確かめるヒロインのドワーフウサギ。

どうですか?

すごい人間臭くないですか?

この世界に人種という概念はありません。
代わりに、種族の概念として、動物ごとの種類や、肉食か草食かなどがあり、この世界観の重要なファクターになっています。

スポンサードリンク

そして、アニメでも終始描かれる、主人公とヒロインの種族を超えた恋愛…
この世界の中でも、ある種「禁忌」とされている恋愛なんです。
でも、そんなの関係ない、だって好きなんだから・・・
好きな人を好きって言って何が悪い?

そんな種族を超えた愛の難しさを、もがき、不器用ながら懸命に好きを貫く恋愛模様は必見です。

色んな姿や価値観が共生するこの世界観は、ダイバーシティが叫ばれる昨今とも重なりますね。

この時代にこそ見てほしいアニメだなと感じました!

スポンサードリンク

【BEASTARS】ココを注目!

キャラ:人間臭い動物たち

とにかくみんな人間臭い!
主人公は、不器用で、泥臭くて、愛おしい。
キャラクターの人格だけでなく、「動物の描写」も描かれていて、
主人公レゴシは嬉しくなると無意識にしっぽが揺れてしまうんです。
ゆらゆら揺れているしっぽがアニメで再現されていて、「アニメ最高!」ってきっと思います。だってめちゃくちゃ可愛いのですよ。。観たらわかるはず・・。。

ストーリー:異種カップルのあり方が気になる!

特にという箇所は感想にほとんど書いてしまっていますが笑。。
恋愛部分をさっぴいても、非常に綿密に練られた世界観が生きる、面白いストーリーになっています。
強い肉食獣と草食獣とのパワーバランスなど、読みながら深く考えてしまうこと間違いなしです!

作画:超美麗グラフィック!

「これ本当にCGなの!?」ととにかく驚く。言われないと気づかない人もいるかもしれない。超自然なアニメタッチのグラフィック。動作もすごい滑らか!

特に、しっぽ…そして指先を見てください…。

スポンサードリンク
スポンサードリンク